タロット占い

タロット占いをするもの

タロットカードとは、ご存知のとおり、タロット占いを行うためのカードのセットのことです。タロット占いはこのカードなしには行うことはできません。見たことのある人はご存知だと思いますが、不思議な独特の絵だったり、ちょっと怖かったりする絵が、各テーマごとにカードには描かれています。占いもいいですが、オンラインカジノでゲームをプレイしませんか?

各々占い師によって、一定の手順で占いを行った上で、偶然でてきたタロットカードの絵が占いにきた人へのメッセージとなっていくのです。タロット占いをするためにタロットカードが必要なのはわかっているかと思いますが、それ以外にも、”タロット・クロス”というタロット占いを行うための布が必要になります。お勧めするベラジョンカジノは占い並みに面白いですよ!

tarrot

このタロット・クロスは、タロット占いをするとき、実際にタロットカード乗せて占いを行う場所として必要になってきます。その他にも、タロットカードを持ち運ぶための”タロット・ポーチ”や、タロットカードを保管しておくための”タロット・ボックス”なども占い師は大抵もっています。

もちろん初めてタロットカードを行なって行く上では、まずは”タロットカード”と”タロット・クロス”があれば十分ですが、徐々に道具は増やしていきましょう。ひとことでタロットカードと言っても、相当数の種類がタロットカードにはあります。基本的な構成は一部の特殊なカードを除いてはだいたい一緒になってきますので、どのタロットカードを買ったとしても、タロットカードを学んで行く上ではそれほど影響はありません。

強いて言えば、タロットカードに描かれている絵の種類によって選んでもよいかもしれません。逆にこの絵の種類がいろいろあることで迷っているビギナーもいるようですが、ズバリ自分が欲しいと思った絵のタロットカードを買えばいいと思います。

初心者の心構えとしては、あまりキャッチーな綺麗な絵のものよりは渋めの絵画的な絵のものを選んだ方が無難でしょう。あまり派手なタロットカードだと説得力のない間はかっこ悪い印象を受けてしまいます。タロットカードの絵柄は自由に選んでまったくもって問題はありませんが、それでも選ぶことに困難をようしてしまうのが、日本人ってものですよね。

タロットカード占い初心者として、一般的な道を進みたいと思うのであれば、まずは”ウェイト=スミス・パック”、略して”ウェイト版”でよいのではないでしょうか。やっぱり最初はスタンダードなタロットカードが一番いいと思います。これ以外にもスタンダードなタロットカードとして、認知度があるものは”マルセイユ・パック”になります。一方で、”マルセイユ・パック”は、1600年〜1700年頃にフランスで作られていたものになり、”マルセイユ版”とも呼ばれています。

タロットカードを学ぶ上で、独学でも可能とはいっても当然、何らかの本や入門書は必要になってきます。”タロットバイブル”では、タロットパックの選び方や質問のつくり方などの基本から、スプレッドの種類、リーディングまで、タロット占いに必要な知識と技法をオールカラーで完全網羅しています。