西洋占星術

西洋占星術

西洋占星術は、ある瞬間の星の配置が、そのとき地球上で起きた出来事や、そのとき生まれた人々に何らかの影響を与えているという考え方をもとにホロスコープと呼ばれる星の配置図を作成し、運命を読み解く占いである。そもそも太古の時代には「あの星が輝き出したから、種蒔きの時期だ」など、星の運行は人々の生活の指針となっていた。次第に災害や戦争、政変など、様々な社会的事象と星の動きの関連性が考えられるようになっていき、そこから未来を予知しようとする「占星術」が生まれた。その後、17世紀頃までは天文学と占星術は表裏一体な面があり、天文学者ケプラーやレオナルド・ダヴィンチらも占星術を実践していたと言われている。科学が興隆を極めていく中、次第に「天文学」と「占星術」は切り離されていったが、現代になって、心理分析のツールとして占星術を用いる「心理占星術」が生まれたり、また面倒な計算不要で占えるようにした「12星座(太陽星座)占い」が生まれるなど、さまざまな形で私たちの生活に浸透している。世の中の流れ、日々の運勢、気になる人との相性、あるいは自分自身の心の中や、未来に起きそうな変化など、あらゆる事柄を占うことができる。占いにはまるのも良いですが、オンラインでできるオンラインカジノを試してみてはいかがですか?おもしろいですよ!オンラインカジノでルーレットゲームも遊べちゃいます。

uranai

ホロスコープ

「ある瞬間の太陽系の星の配置」を一枚の図に表したもの。特に出生時のホロスコープをネイタルチャートと言う。ここに記されているのは、地球を中心に見た、太陽系の「10の天体」、それらの星の位置を示す12の星座、そして恋愛や仕事など、人間が人生で遭遇するさまざまな出来事の分野を示す12のハウス、大きくわけてこの3つの要素から成り立っている。さらに天体同士の角度アスペクトなども計算して、さまざまな側面からその人の運命を読み解いていく。

四柱推命

約1500年前に中国において成立した命術。特にその人の持って生まれた資質を読み解くことに長けているため、人材登用にも用いられた。方法としては、占い対象の生まれた「年」「月」「日」「時間」を、十干と十二支を組み合わせた六十干支の暦から割り出し、その五行のバランスなどによって、その人の本質や運命を占う。年・月・日・時間、それぞれの干支を「柱」ととらえることから「四柱」の名がついた。「年柱」はその人の家庭環境や20歳くらいまでの運勢を、「月柱」は仕事や結婚、20歳から40歳くらいまでの運勢を、「日柱」はその人自身の性格や才能、40歳以降の運勢を、「時柱」は晩年期の運勢と子どもや目下の人間との関係性を表している。