オンラインカジノ Archive

タロット占い

タロット占いをするもの タロットカードとは、ご存知のとおり、タロット占いを行うためのカードのセットのことです。タロット占いはこのカードなしには行うことはできません。見たことのある人はご存知だと思いますが、不思議な独特の絵だったり、ちょっと怖かったりする絵が、各テーマごとにカードには描かれています。占いもいいですが、オンラインカジノでゲームをプレイしませんか? 各々占い師によって、一定の手順で占いを行った上で、偶然でてきたタロットカードの絵が占いにきた人へのメッセージとなっていくのです。タロット占いをするためにタロットカードが必要なのはわかっているかと思いますが、それ以外にも、”タロット・クロス”というタロット占いを行うための布が必要になります。お勧めするベラジョンカジノは占い並みに面白いですよ! このタロット・クロスは、タロット占いをするとき、実際にタロットカード乗せて占いを行う場所として必要になってきます。その他にも、タロットカードを持ち運ぶための”タロット・ポーチ”や、タロットカードを保管しておくための”タロット・ボックス”なども占い師は大抵もっています。 もちろん初めてタロットカードを行なって行く上では、まずは”タロットカード”と”タロット・クロス”があれば十分ですが、徐々に道具は増やしていきましょう。ひとことでタロットカードと言っても、相当数の種類がタロットカードにはあります。基本的な構成は一部の特殊なカードを除いてはだいたい一緒になってきますので、どのタロットカードを買ったとしても、タロットカードを学んで行く上ではそれほど影響はありません。 強いて言えば、タロットカードに描かれている絵の種類によって選んでもよいかもしれません。逆にこの絵の種類がいろいろあることで迷っているビギナーもいるようですが、ズバリ自分が欲しいと思った絵のタロットカードを買えばいいと思います。 初心者の心構えとしては、あまりキャッチーな綺麗な絵のものよりは渋めの絵画的な絵のものを選んだ方が無難でしょう。あまり派手なタロットカードだと説得力のない間はかっこ悪い印象を受けてしまいます。タロットカードの絵柄は自由に選んでまったくもって問題はありませんが、それでも選ぶことに困難をようしてしまうのが、日本人ってものですよね。 タロットカード占い初心者として、一般的な道を進みたいと思うのであれば、まずは”ウェイト=スミス・パック”、略して”ウェイト版”でよいのではないでしょうか。やっぱり最初はスタンダードなタロットカードが一番いいと思います。これ以外にもスタンダードなタロットカードとして、認知度があるものは”マルセイユ・パック”になります。一方で、”マルセイユ・パック”は、1600年〜1700年頃にフランスで作られていたものになり、”マルセイユ版”とも呼ばれています。 タロットカードを学ぶ上で、独学でも可能とはいっても当然、何らかの本や入門書は必要になってきます。”タロットバイブル”では、タロットパックの選び方や質問のつくり方などの基本から、スプレッドの種類、リーディングまで、タロット占いに必要な知識と技法をオールカラーで完全網羅しています。

占星術の歴史

占星術の歴史 占星術を聞いたことがありますか?占いは今の現代では私たちの生活に欠かせない存在と成っています。また占いの起源は占星術であり、非常に長い歴史があります。その起源は、紀元前の遥か昔にまで遡ることができます。ここでは、その膨大な歴史を詳細に跡づけることは不可能なので、あくまでそのおおまかなスケッチをしておきます。以下、占星術の歴史を概観するにあたって、さしあたってここでは大きな6つの時代区分――前300年頃までのプロト占星術期、200年頃までの形成期、 300年頃から徐々にはじまる衰退期、1100年代から1500年代までの復興期、1600年代から1800年代半ば頃までの第2衰退期、そしてそれ以降 1900年以降の第2復興期――に基づいて解説していきたいと思います。 ■プロト占星術期 今日の占星術のもとになった、いわば「プロト占星術」は、チグリス川とユーフラテス川の間のメソポタミア南部にその起源があると考えられています。そのはじまりのはっきりとした時期はわかりませんが、紀元前2000年より前には、すでに星を神々の意志を知るためのオーメン(予兆)としてみなす、ごく初歩的な形の占いが行われていたようです。 シュメールの後、前1900年頃からはじまる古代バビロニアでも、オーメンに基づく占いが盛んでした。当時の記録からは、鳥や動物のふるまい、川や大地などの自然のなか、天で起こるさまざまな現象(虹、雲、食、日出と日没の状態など)、といったあらゆるものがオーメンとみなされていたことがわかります。なかでも、儀式のなかで犠牲にされた動物の肝臓の状態は、最も重要なオーメンとみなされていました。 オーメンの記録の集大成として知られているものとして、ニネヴァのアッシュールバニパル王の古文書館で見つかった『エヌマ・アヌ・エンリル』があります。紀元前7世紀に刻まれたこの最も初期のオーメンのコレクションは、7000以上のオーメンと天の観察が記された70の粘土板から構成されたものです。オーメンの解釈は、過去の出来事の記録に基づいていたり(たとえば、過去に日食の後に洪水が起こったことがあったので、日食が洪水のオーメンだと考えられたり)、ある種の類似に基づく観念の連合(たとえば、月の暈は王冠に似ていることから、月の暈が長い治世を表すオーメンとみなされたり)によるものでした。また、それらは粘土板へと記録されることで、世代から世代へと伝えられる知識として保存されていきました。後の占星術のプロト・タイプとなる星を基にした占いは、さまざまな自然現象によるオーメンの一部であり、その記録の蓄積のなかから生まれていったと考えられます。   こうした天のオーメンと、現代のホロスコープを作成して星の配置をもとに占う占星術の間には、いまだ大きな隔たりがあることは確かです。けれども、『エヌマ・アヌ・エンリル』のようなオーメンに関する文献と、暦を作成するための当時の天文学的データーとが結びついて、後の占星術の母胎となるものが誕生したと考えられます。実際に、バビロニアの天文学では、今日のいわゆる「12星座」のもとになるものの基礎が作られました。前10数世紀頃の天文知識をまとめたものとして知られている記録MUL.APINでは、今日の黄道に当たるものが、並行して走る三つの帯(赤道帯より北の周極星、赤道帯、赤道帯より南)によって表わされ、それぞれエンリル、アヌ、エアといった神々の通り道だと考えられていました。また、それらには18のサインが位置づけられていました。18のサインが、わたしたちの知っている黄道を等分した12サインとなったのは、前5世紀末頃からだと考えられています。ちなみに、その最も早い記録として知られているのは、前419年の粘土板です。 また同じ頃、黄道を分割したサインによって惑星を位置づけ、それが天のオーメンとしての占いへ取り入れられるようになったようです。その最も初期の記録としては、現在オックスフォードのボトレアンライブラリー所蔵のSuma-usurの息子の誕生の日付である前410年1月13日の前後の惑星の位置をサインに基づいて記したものが存在します。これは現存する最古の「ホロスコープ」だともしばしば言われていますが、実際には、現代の占星術師が作成するような円のなかに惑星を配置したチャートではありません。単に惑星のポジションを列挙しているだけのものです。 したがって、これを最古のホロスコープとしてみなすかどうかは、「ホロスコープ」という語によって何を意味するかということで意見の分かれるところとなるでしょう。ちなみに、「ホロスコープ(horoscope)」と言う語は、後のギリシャ語で「時」を意味するhoraと「観測者」を意味するskopos からなる「ホロスコポスhoroskopos」に由来するものです。また、実際上それは、今日のような星の配置図を指す語としてではなく、特定の瞬間に東の地平線に上昇してくるサインを意味するものとして、もともとは使われていました。 さらに前3世紀頃からは、惑星の出現の状況によるオーメンを記した、いわばプロト占星術の理論的なテキストとも言うべきものが見つかっています。そこでは、木星が現れるとき「金持ちになり、長生き」し、土星が現れるとき「病気となり、不自由」となるといったような現代の占星術の惑星の意味とほぼ重なるような解釈も見られます(ただし、水星は「勇敢になる」、月は「利口になる」など現代の占星術による惑星の解釈と異なるものも見られます)。このようなバビロニアにおける天のオーメンから発達していったプロト占星術は、その後、ギリシャへ伝わっていくことで、本格的な占星術のシステムの確立へと向けて新たな展開を見せることになります。   人は道に迷ったら、占いに頼りますね。気分転換や、ちょっとしたアドバイス的な意味で占いを見に行くのは、生活を豊かにする意味ではとてもいいと思います。でも何かに迷ったらパチンコに行って気分転kんするのも手ですよ。今ではパチンコに行かなくても、オンラインカジノでゲームを楽しむことができます。オンラインカジノはインターネット環境があれば、本場のカジノと同じゲームをネット上で楽しめることを言います。HDなどのハイクオリティーな画像も楽しめます。またオンラインカジノでは、オンラインゲームをしていて、サクッと稼ぐこともできるので、オススメです。