気をつけること

to-be-careful易において「男子に生を語らず女子に色を語らず」という言葉があります。これは男性にたいして生に関する事柄が読み取れたときや、女性にたいして男性関係に関係する事柄が読み取れたときは、語るべきではないというルールがあります。

また、占いが必要だと思った時がベストタイミングということになります。占いたいと思った時に行動に起こさず、この絶好の時期を逃してしまうと、本来得られるはずであった結果が得られなくなることもあります。

この易では運の流れを汲み取っておこなうのでそのときの運の流れが必要なのです。真剣に天に問いかけると必ず天も真剣に答えてくれます。

しかし何回も答えが気に入らないからといって繰り返すと、天の怒りを買うこととなりますので、天の声を尊重することが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *