易経の三義

%e6%98%93%e7%b5%8c%e3%81%ae%e4%b8%89%e7%be%a9易経にはおおまかにわけて3つの理念が存在します。

まず一つ目は変易といいます。全てものは移り変わり必ず変化していくという意味です。二つ目は不易といいます。全ての事象、ものは変化していき、同じ状態のものはないとお話ししましたが、変化の仕方にも法則性を見いだすことができます。例えば朝が来て昼、夜が来るという事実はどんな状況においてもかわりません。この不変であることが不易です。

最後に易簡という言葉があります。ものごとは移り変わり変わっていきますが、そこにはある程度法則性が見出せるので、それを私たちが応用するのは易しく簡単であるという意味です。

易はただの占いではなく、人生で迷ったときの道標となることがわかります。また考え方は東洋的なので、日本人にも受け入れやすいのがポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *