易経とは

fortune-telling「易経」とは易占いのベースとなる中国最古の書物ですが完成されたのはなんと3500年前にもさかのぼります。日本でいうと縄文時代には、すでに中国で完成されていたというのですから驚きです。この書物は占いの書というような怪しげなものというよりも、先人たちが記した自然のあり方や気の流れというものに対しての書というような学問的要素を含んだものになっています。まさに中国において、膨大な数の事例をベースにしたうえで宇宙、自然、人間の関係性を記している点からむしろ統計学に近いともいえるでしょう。

ただ信頼性のない占いを信じることはかなり難しいですが。ここまでの長い歴史と桁外れのデータベースに基づいて作られているとなると、易を私たちの生活に積極的に取り入れて質の良い生活、後悔のない決断を下すことができそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *