占星術の歴史

占星術の歴史 占星術を聞いたことがありますか?占いは今の現代では私たちの生活に欠かせない存在と成っています。また占いの起源は占星術であり、非常に長い歴史があります。その起源は、紀元前の遥か昔にまで遡ることができます。ここでは、その膨大な歴史を詳細に跡づけることは不可能なので、あくまでそのおおまかなスケッチをしておきます。以下、占星術の歴史を概観するにあたって、さしあたってここでは大きな6つの時代区分――前300年頃までのプロト占星術期、200年頃までの形成期、 300年頃から徐々にはじまる衰退期、1100年代から1500年代までの復興期、1600年代から1800年代半ば頃までの第2衰退期、そしてそれ以降 1900年以降の第2復興期――に基づいて解説していきたいと思います。 ■プロト占星術期 今日の占星術のもとになった、いわば「プロト占星術」は、チグリス川とユーフラテス川の間のメソポタミア南部にその起源があると考えられています。そのはじまりのはっきりとした時期はわかりませんが、紀元前2000年より前には、すでに星を神々の意志を知るためのオーメン(予兆)としてみなす、ごく初歩的な形の占いが行われていたようです。 シュメールの後、前1900年頃からはじまる古代バビロニアでも、オーメンに基づく占いが盛んでした。当時の記録からは、鳥や動物のふるまい、川や大地などの自然のなか、天で起こるさまざまな現象(虹、雲、食、日出と日没の状態など)、といったあらゆるものがオーメンとみなされていたことがわかります。なかでも、儀式のなかで犠牲にされた動物の肝臓の状態は、最も重要なオーメンとみなされていました。 オーメンの記録の集大成として知られているものとして、ニネヴァのアッシュールバニパル王の古文書館で見つかった『エヌマ・アヌ・エンリル』があります。紀元前7世紀に刻まれたこの最も初期のオーメンのコレクションは、7000以上のオーメンと天の観察が記された70の粘土板から構成されたものです。オーメンの解釈は、過去の出来事の記録に基づいていたり(たとえば、過去に日食の後に洪水が起こったことがあったので、日食が洪水のオーメンだと考えられたり)、ある種の類似に基づく観念の連合(たとえば、月の暈は王冠に似ていることから、月の暈が長い治世を表すオーメンとみなされたり)によるものでした。また、それらは粘土板へと記録されることで、世代から世代へと伝えられる知識として保存されていきました。後の占星術のプロト・タイプとなる星を基にした占いは、さまざまな自然現象によるオーメンの一部であり、その記録の蓄積のなかから生まれていったと考えられます。   こうした天のオーメンと、現代のホロスコープを作成して星の配置をもとに占う占星術の間には、いまだ大きな隔たりがあることは確かです。けれども、『エヌマ・アヌ・エンリル』のようなオーメンに関する文献と、暦を作成するための当時の天文学的データーとが結びついて、後の占星術の母胎となるものが誕生したと考えられます。実際に、バビロニアの天文学では、今日のいわゆる「12星座」のもとになるものの基礎が作られました。前10数世紀頃の天文知識をまとめたものとして知られている記録MUL.APINでは、今日の黄道に当たるものが、並行して走る三つの帯(赤道帯より北の周極星、赤道帯、赤道帯より南)によって表わされ、それぞれエンリル、アヌ、エアといった神々の通り道だと考えられていました。また、それらには18のサインが位置づけられていました。18のサインが、わたしたちの知っている黄道を等分した12サインとなったのは、前5世紀末頃からだと考えられています。ちなみに、その最も早い記録として知られているのは、前419年の粘土板です。 また同じ頃、黄道を分割したサインによって惑星を位置づけ、それが天のオーメンとしての占いへ取り入れられるようになったようです。その最も初期の記録としては、現在オックスフォードのボトレアンライブラリー所蔵のSuma-usurの息子の誕生の日付である前410年1月13日の前後の惑星の位置をサインに基づいて記したものが存在します。これは現存する最古の「ホロスコープ」だともしばしば言われていますが、実際には、現代の占星術師が作成するような円のなかに惑星を配置したチャートではありません。単に惑星のポジションを列挙しているだけのものです。 したがって、これを最古のホロスコープとしてみなすかどうかは、「ホロスコープ」という語によって何を意味するかということで意見の分かれるところとなるでしょう。ちなみに、「ホロスコープ(horoscope)」と言う語は、後のギリシャ語で「時」を意味するhoraと「観測者」を意味するskopos からなる「ホロスコポスhoroskopos」に由来するものです。また、実際上それは、今日のような星の配置図を指す語としてではなく、特定の瞬間に東の地平線に上昇してくるサインを意味するものとして、もともとは使われていました。 さらに前3世紀頃からは、惑星の出現の状況によるオーメンを記した、いわばプロト占星術の理論的なテキストとも言うべきものが見つかっています。そこでは、木星が現れるとき「金持ちになり、長生き」し、土星が現れるとき「病気となり、不自由」となるといったような現代の占星術の惑星の意味とほぼ重なるような解釈も見られます(ただし、水星は「勇敢になる」、月は「利口になる」など現代の占星術による惑星の解釈と異なるものも見られます)。このようなバビロニアにおける天のオーメンから発達していったプロト占星術は、その後、ギリシャへ伝わっていくことで、本格的な占星術のシステムの確立へと向けて新たな展開を見せることになります。   人は道に迷ったら、占いに頼りますね。気分転換や、ちょっとしたアドバイス的な意味で占いを見に行くのは、生活を豊かにする意味ではとてもいいと思います。でも何かに迷ったらパチンコに行って気分転kんするのも手ですよ。今ではパチンコに行かなくても、オンラインカジノでゲームを楽しむことができます。オンラインカジノはインターネット環境があれば、本場のカジノと同じゲームをネット上で楽しめることを言います。HDなどのハイクオリティーな画像も楽しめます。またオンラインカジノでは、オンラインゲームをしていて、サクッと稼ぐこともできるので、オススメです。

気をつけること

易において「男子に生を語らず女子に色を語らず」という言葉があります。これは男性にたいして生に関する事柄が読み取れたときや、女性にたいして男性関係に関係する事柄が読み取れたときは、語るべきではないというルールがあります。 また、占いが必要だと思った時がベストタイミングということになります。占いたいと思った時に行動に起こさず、この絶好の時期を逃してしまうと、本来得られるはずであった結果が得られなくなることもあります。 この易では運の流れを汲み取っておこなうのでそのときの運の流れが必要なのです。真剣に天に問いかけると必ず天も真剣に答えてくれます。 しかし何回も答えが気に入らないからといって繰り返すと、天の怒りを買うこととなりますので、天の声を尊重することが大事です。

本当にあたる?

ユングは1922年にスイスの心理学集団にドイツの中国学者であるリヒアルト・ヴィルヘルムを呼び寄せ、易について講演してもらった際に、試しに自分の患者について易で占ってもらいました。なんと見立てが大当たりしただけではなく患者の2年後の未来まであててしまったという話が有名です。 ユングはその後、リヒアルト・ヴィルヘルムがこの世を去った際の記念講演において、「易経は科学である」と発表しています。科学と言っても西洋科学とは全く違ったものであり、まさに偶然という名の必然が引き起こすシンクロシティの原理が基本になっていると説きました。全身のバランスを考慮した東洋医学の漢方薬、西洋医学における全身のバランスを無視した部分的な治療、この二つのように全く違った科学のあり方がありますが、どちらを信じるかはあなた次第です。

八掛けとは

易経では8つの要素が世界を支配していると考えます。 その8つというのは、天沢、火、風、水、雷、地、山という要素です。 またこの順に乾、兌、離、巽、坎、坤、艮という文字がそれぞれ当てられました。その後にそれぞれ 陰陽の割合を表す、象と呼ばれる傍線の記号が当てられました。この象と呼ばれる傍線の記号は、一見すると自然についての話のようですが、家族の人間関係にも当てはめることできる上に、またそれぞれは人間の体のパーツの割合にも符号するなど全ての事象に当てはめて考えることができます。 例えば、家族の中で父親は天, 乾そして象という3本の陽で成り立っています。一方で母親は地、坤、3本とも陰の象で成り立っています。こうやって夫婦はバランスがとれるようにできているのです.

悩みの内容

生きているうえで常に悩みというのはつきまといます。とくに人生の帰路であったりすると決断するのにも勇気がいりますし、すごく難しいです。決断をせまられているのに、なかなか自分の答えが導き出せない時は易占いに頼るのもひとつの手です。 易占いというのは陰陽のバランスを考慮した上で、偶然性という各個人の持つ運命の流れを汲み取って判断しますので、大きな決断が必要な時などにぜひおすすめの占いです。 基本的には内容に関係なくどんなことでも占うことができますが、この易占いがとくに向いているのは未来のことを決める時、精神的な悩みでどうしたらいいのか自分でも自分の気持ちがよくわからないとき、恋愛についての悩みなどです。それはサイコロを用いたり、棒をひいたりなどの偶然性が、私たちの潜在意識と深く関わりがあるからです。

易経の教え

我々は生きていく上で様々な局面を迎えます。この世に生をうけたとき、結婚したとき、就職したとき、退職したときなど人生の転機といえる「時」というものがあります。 易経では、この「時」と全ては移り変わっていくという事実に従うのが良いと説いています。どんなにたくさん仕事をがんばっていても、全く運がないとしか言いようがないほど成功に結びつかないときなど、ただがむしゃらにがんばり続けるのではなく、自分の努力が運に逆らったものでないか自分に問いかけることも必要です。冬に一生懸命植物の種をまいてお世話しても、うまくいかないのと同じです。 実際に人生の岐路に立たされている状況にないとしても、ストレスなく生きていく上での人生の哲学として、易経の考えを学んでおくと賢く後悔することなく人生を送ることができます。

易経の三義

易経にはおおまかにわけて3つの理念が存在します。 まず一つ目は変易といいます。全てものは移り変わり必ず変化していくという意味です。二つ目は不易といいます。全ての事象、ものは変化していき、同じ状態のものはないとお話ししましたが、変化の仕方にも法則性を見いだすことができます。例えば朝が来て昼、夜が来るという事実はどんな状況においてもかわりません。この不変であることが不易です。 最後に易簡という言葉があります。ものごとは移り変わり変わっていきますが、そこにはある程度法則性が見出せるので、それを私たちが応用するのは易しく簡単であるという意味です。 易はただの占いではなく、人生で迷ったときの道標となることがわかります。また考え方は東洋的なので、日本人にも受け入れやすいのがポイントです。

易経とは

「易経」とは易占いのベースとなる中国最古の書物ですが完成されたのはなんと3500年前にもさかのぼります。日本でいうと縄文時代には、すでに中国で完成されていたというのですから驚きです。この書物は占いの書というような怪しげなものというよりも、先人たちが記した自然のあり方や気の流れというものに対しての書というような学問的要素を含んだものになっています。まさに中国において、膨大な数の事例をベースにしたうえで宇宙、自然、人間の関係性を記している点からむしろ統計学に近いともいえるでしょう。 ただ信頼性のない占いを信じることはかなり難しいですが。ここまでの長い歴史と桁外れのデータベースに基づいて作られているとなると、易を私たちの生活に積極的に取り入れて質の良い生活、後悔のない決断を下すことができそうです。

易とは

易とは古代中国でうまれた占いの方法です。「易経」という中国で最古の書物をもとにして作られています。中でも中国で一番古い占いになるので他のたくさんの流派の占いも元をたどればここに行き着きつくという基本の占い方法になります。 基本的な考え方は自然界は全てが陰と陽に分かれるというものです。日常生活においてこの陰陽のバランスの重要さを実感することも多いのではないでしょうか。易占いでは筮竹、算木という名の棒、もしくはコインやサイコロが使われることがあり、また悩みの内容から偶然性をもとに陰陽の関係性を導き出した後に易経とあわせて結果を見ます。 知名度だけでなく的中力が高いのも納得です。この考え方は心理学や東洋医学にも影響を及ぼしており私たち身近なところでもよく見つけることができます。